嫉妬させてみることも大切

手を繋ぐ人

社内にバレないようにする

社内恋愛で結婚したいという人は、まず、仕事を確立させましょう。仕事のできる人は男女問わず、良い印象を持たれるからです。また、仕事ができなくても一生懸命に取り組んでいる姿は、誰でも評価してくれます。また、年の差で結婚することもできやすいところが社内恋愛のメリットでもあります。例えば、上司と部下で結婚をするということもよくあることです。これは仕事を通じてだんだんと交流を深めることができます。直属の関係の場合、平日は長い時間、一緒に仕事をすることになります。仕事をしている姿だけではなく、プライベートの部分も何となく見えてくるものです。ただし、社内の人間にはバレないように気をつけましょう。まして、年の差があるとなると、やっかみが生じてしまうこともあるからです。もちろん、仕事もやりにくくなってしまいます。仕事とプライベートは別と考える傾向が日本の社会ではあるからです。バレてしまうと、年下の方が別の部署に飛ばされてしまうこともあります。結婚まで考えているのなら、本決まりになるまでバレないように気をつけましょう。また、最近では逆のパターンも増えてきています。女性でもバリバリに働くキャリアウーマンが増えてきているからです。年下の男性社員と社内恋愛をするという女性上司も少なくありません。どちらかというと、このタイプは慎重になった方が無難です。年の差があることで仕事がかなりやりにくくなります。社内恋愛は年の差があればあるほど、慎重になることが大切です。